46日目 ただいまって言わせてくれる場所

こんばんは!TOT WORKSです!

こちらは11/4の記事です!

この日は完全にオフだったので、友人とのんびり過ごしてみました◎

ーーーーー

朝起きると稲森(TOTチームのデザイナー)くんから電話が。寝ぼけながら掛け直す。

稲『おはよ!芋掘りいける?』

TOT『え?どういうこと?』

稲『ばあちゃんの畑の手伝い!』

TOT『よくわかんないけどやるし行く!』

と、寝起きで芋掘りすることに。

小学校ぶりだなーとか考えてるうちに到着!

いざ稲森夫妻と、稲森ばあちゃんの畑へ!

こちらがお芋である!

おばあちゃんが事前にツルをとってあるので、ここからみんなで芋掘りスタート!

スコップで上手に大きく土をほぐす稲森氏。

さすが農家の息子である。美しいフォーム。

芋を傷つけないよう素手でチマチマやるビビりのTOT。

さわやかでやさしく、おだやかで面倒見のいい、気配り上手ですばらしい稲森夫人は、スコップで掘るたび『うわ!』『やべ!』『あ!』と、それはそれは美しく芋を削ってらっしゃいました。笑

3人チームで取り組んでるのに、振り返るとおばあちゃんはひとりで同じ量掘り上げてて、年季の違い、技の熟成を感じましたね。

ーーーーー

一通り掘り終えて、今度は里芋掘り!これがまた楽しい!

最初はこうしてクワで掘る。見事なクワさばき。さすが農家の息子である。

そうして出てきたのがこの根っこの塊!

この土をほぐして、中から里芋たちを出していきます。

里芋はザ・根菜ってかんじで、元になった種芋(親芋という)から子芋が出て、そこから孫芋が出る。僕たちがスーパーで買っているのは孫芋。これが柔らかくて美味しい部分だそうです。

そんで子芋の上部分も煮ると食べられるそうだけど、面倒なので捨てるとのこと。

そしておばあちゃんが言った。

『親は捨てて、子どもも捨てる。孫だけ食べる。』

みんな爆笑!

でも年配の方が言うと奥行きが違って考えさせられもしたなぁ。

さいごは柿!

おばあちゃんと稲森くんは片付けチームになったので、僕と夫人が柿をもぐことに。

2人とも『え、私たち初心者だし、見分けつかないんですけど、、、』とニヤニヤ怯えていると、稲森氏は『大丈夫大丈夫!』って、、、。

おばあちゃんは『美味しそうなのとればいいよー』ってアドバイスくれた!

たしかに、スーパーで買うのは美味しそうな柿である。

バケツいっぱいに収穫して完了!

みんなで稲森家へ!

ーーーーー

僕は20歳くらいから度々遊びに来させてもらっているんですけど、とにかく居心地がいいのです。

ご家族の皆さんのお人柄ですね。

みんなで食事したりテレビ見てると、いつも温かさに泣きそうになる。

僕もここに居ていいんだって思わせてくれる。本当にありがとうございます。

ーーーーー

収穫した柿を稲森氏に確認してもらうと『これはまだ早いね。これもまだ青い。』とダメ出し。だから俺たち初心者だって言ったじゃん!とみんなで笑った!

みんなでカレーを食べたんだけど、前日に僕が来るかと思っていたお父さんが、美味しいサザエを用意してくれていたそうで、お昼に頂きました!

サザエは初めて食べたけど、凄まじい見た目からは想像できない圧倒的旨味に衝撃が走り、用意してもらってた5個全部、ひとりでペロリでしたー!笑

陸前高田のホヤも初めてだったけど本当に美味しかった♪海鮮ほぼ全部ダメだった僕からは信じられない舌の進化!笑

ーーーーー

そのあとは、夫妻と電気屋さんへ。僕は用事ないけど、ドライブにお邪魔した。笑

用事を済ませ、電気屋さん前で販売しているメロンパンを!

有名なワゴンパン屋さんらしく、メロンパンだけを売っているそう。

これがまた美味かったー!

外はサクサク、中はふんわり、歯ごたえモチモチ!どうやって作ってるのかまったくわからない!普通のパンもわからないけど!笑

とにかく魔法みたいなメロンパンだった。

次は2億個くらい食べたいなぁ。

ーーーーー

そこで夫妻とはお別れして、僕だけ稲森ご家族と夕飯を頂きました◎

皆さん大歓迎して下さって、お刺身やら生海苔やらお酒やらなんやら、もうたくさん頂きました!普段ごはんおかわりしないのに、3杯たべちゃった!

稲森家でごはんを食べると、不思議といつもより美味しい。

素材も良いし、お料理も上手だけど、たぶんこの人たちが生み出してる安心感だ。

ひとりずつラブレターを書きたいくらい好きだ。

ーーーーー

食後はお母さんと打ち合わせを。

実は11/9に、お母さんが園長を務める保育園とコラボさせてもらうのです!

プロジェクターで絵本を写し、手遊びや歌を交えて、親子で交流するそうで、今回が初の試みとか!僕は歌を担当させて頂きます!

それで歌ううたを教えてもらったり、段取り組んだりしたけど、この歌が不思議なメロディで難しくって、お母さんと『変な歌だね』って笑いながら練習した!すごい楽しい時間だった◎

ーーーーー

寝る前には稲森氏のお兄さんと語り合いました◎

お兄さんは学校の美術の先生で、これからのアートを通しての教育の在り方を真剣に考えている方なんです。

アートに博識でユーモアがあって、ご自身の描く絵も素晴らしいお兄さんが、昔から大好きでしたので、ご褒美みたいな時間だったなぁ。

そこでおもしろいお話も頂いたので、それは実現したら報告しますね◎

ーーーーー

そんなこんなで、充実したオフ日。

僕はお家にお邪魔したとき、『ただいまです!』って言わせてもらった。

そんときちょっと泣きそうになった。

だって、おかえりって言ってくれる場所は、何気ない毎日の中で慣れてしまうけど、本当はとっても大切な場所なんだ。

同時に、ただいまって言われる場所もまた、おかえりって言う人の大切な場所なんだ。

旅で出会った人たちにも、また会ったとき、絶対に『ただいま』っていうと決めている。

あなたは僕というひとりの人間の『ただいまの場所です』って伝えたいから。

きっと大切なことだから。

僕はそうして今日にたどり着けたから。

稲森家の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。

ーーーーー

あなたにここにいてほしいひと

TOT WORKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です