49日目 暮らしの中でまた会おう

こんばんは!TOT WORKSです!

11/7の記事です!

が!この日は前日からきなこちゃんと朝まで語らってドライブしていたため、寝ていました!笑

だから友達の話を。

ーーーーーーーー

TOTチームでデザインや撮影、アレンジや演奏を担当してくれている、稲森くん。彼と出会ったのは、僕たちがまだ20歳の頃でした。

以前、僕はPOOL-0というバンドをやっていまして、そのときに別の友人が組んでいる仲のいいバンドがいたんです。そこのベースが辞めるとき、代わりに入ったのが稲森くんでした。

嬉しいことに、彼はとにかくPOOL-0のことを好きになってくれて、共演以外でもライブをよく見に来てくれたんです。それで僕たちPOOL-0にあーでもないこーでもないと、アドバイスくれたり、勝手にプロデューサーのような立ち位置になっていきました。笑

当時スリーピースバンドだったPOOL-0に入るか入らないかみたいとこまでいったもんなぁ。

それから一度活動休止したときに、別の形でメッセージを伝える活動がしたくて、POOL-0の周りにいた仲間たちと、『36℃』という団体を立ち上げたんです。もちろん、稲森くんもいっしょに。

そこで代表をやっていた僕の右腕のように、本当に素晴らしい活躍をしてくれました。

ときに励まし、ときに叱りながら僕とぶつかり続けてくれたんです。このときの体験で人と向き合っていく大切さを、彼との関係からより深く勉強させてもらいました。

しばらく活動したのち、旗艦が必要ということで、POOL-0は初期メンバーと36℃が合体する形で、5人編成として復活しました。

稲森くんは、とうとう奏者としてPOOL-0に加入したのです。

ーーーーーーーー

彼は音楽のセンスもずば抜けていたので、バンドマスターのような立ち位置になりました。全員に助言しながら良いところを引き出そうと奮起してくれるのです。

36℃でも視野の広いセンスを発揮して、僕の伝えようとしていることを、現実に落とし込んでくれました。

どっちのことも、よく朝まで話し合ったりしたなぁ。笑

僕の今までの活動をいっしょに作り上げてくれた恩人です。

ーーーーーーーー

その後は別の道を歩んでいくことになりますが、またTOT WORKSを始めるときに再会したんです。

嫉妬するほどずば抜けたセンス、広い視野で拾い上げるアンテナ、創作へのストイックな姿勢、そういう強さも彼の魅力ですが、僕が一番感謝しているのは、僕という人間を理解してくれていること。

彼の愛情に何度も救われてきました。

だからいつも信じられる。

出会ったみんなに言えるけど、特に彼がいなければ、僕はこのブログを書いている今にたどり着けなかった。

ーーーーーーーー

そんな彼がついに結婚します。

本当におめでとう。

僕は結婚に特別な憧れがあるんですが、ここまで近い友人が結婚するのは初めてのことで、とても嬉しいんです。

これまた素敵な奥さんでして、長く友人をさせてもらった僕から見ても、2人はぴったりで、『やったなこいつ!良い人捕まえやがって!』って感じ!笑

2人がいっしょにいる風景を見ると、心の底から安心する。

やっぱりこの世界は捨てたもんじゃないなって思える。

いつか2人の元に子どもができたとしたら、その風景に流れるすべてを感じたい。

色んなことがあるけれど、それはどうしたって愛でしかない。

僕にとっては世界最高の景色のひとつ。

たくさんの素晴らしい思い出をありがとう。

これからもよろしくね。

お幸せに。

ーーーーーーーー

あなたにここにいてほしいひと

TOT WORKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です